日野町花「シャクナゲ」

学校長挨拶

 日野高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本校は、滋賀県の東南部に位置する蒲生郡日野町にあります。この日野町は、戦国時代には武将蒲生氏郷を、江戸時代には近江日野商人を輩出したとこ ろであり、東に鈴鹿の名峰・綿向山が聳え、春には鎌掛谷ホンシャクナゲ群落で滋賀県の花「シャクナゲ」が咲き誇る、歴史と自然に恵まれた町です。

 

 さて、本校は明治38年に創設された日野町立日野裁縫学校をその発祥とし、百十余年の歴史のある県内屈指の伝統校です。戦前には女子教育の名門校 として評価を受け、戦後は学制改革により、昭和23年に男女共学、普通科の滋賀県立日野高等学校となりました。その後、昭和36年に商業科が設置 され、さらに平成16年には学科改編が行われ総合学科となり、現在に至っています。         

 本校では総合学科への学科改編を「新たなる挑戦」と位置づけ、地域社会の期待や時代の要請に応えて、より信頼される高等学校を作り上げるべく、 これまで職員が一丸となって取り組んでまいりました。今後も「新たなる挑戦」に込められた思いを忘れず、地域に根ざした総合学科高等学校として 地域に学び地域に貢献できる生徒の育成に努めてまいります。

 皆様のご理解とご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。






藤井 晃一