2018年度 公開授業・日野高校体験入学(後編)

10月20日(土)に本校にて日野高校体験入学〈後編〉が開催されました。
また、滋賀教育の日にちなんで公開授業も同時に行われました。
体験入学〈後編〉では170余名の方にお越しいただき盛況のうちに終了することができました。
公開授業も含め、日野高校での普段の授業の様子や系列の体験授業などを通して日野高校をより知っていただけたと思います。
多くのご参加、誠にありがとうございました。



中学生のみなさんへ。今日の体験入学をきっかけに自分の進路選択のひとつにしてください。
みなさんの入学をお待ちしています!

放送部 「おはなし会」

 放送部の活動の一環として、9月15日(土)13:30から日野町立図書館にて「おはなし会」を実施しました。地域の子どもたちに向けて絵本3冊、紙芝居の「読みきかせ」を行いました。夏休みに実施する予定でしたが、台風の影響で延期になっていました。近い距離で特定の人に向けて読みきかせるのは初めてで、とても緊張する体験となりました。

2018年度 体験入学 前編

 8月18日(土)に日野公民館にて日野高校体験入学〔前編〕が開催されました。
 今年の体験入学では約290名以上の方にお越しいただき盛況のうちに終了することができました。各系列から系列授業において、どのような授業が行われているか、卒業後どういった進路があるのか紹介され、系列代表としてからも直接、生の声をお伝えすることができました。また、学校紹介映像などもあり、日野高校をより理解していただけたと思います。
 後編は10月20日(土)に本校にて実施されます。

3年生進路ガイダンス

 5月23日(水)5,6限 3年生を対象に就職と進学に分かれて実施されました。
 就職は外部講師より求人票の見方、面接マナーの指導をしていただきました。
 進学では、学校別のブースにて学科・コース、取得可能な免許・資格、入試・学費、オープンキャンパス等についてご説明いただきました。
 進路実現に向けていよいよ本番です。就職6グループ、大学18校、専門学校32校の講師の先生方、ありがとうございました。

校外学習

4月27日に校外学習に行きました。
1年生は余呉ウッディパルに行きました。
午前中はカレー作りをして、午後はアスレチックで遊びました!

2年生は神戸に行き、3年生はナガシマスパーランドに行きました。
報道委員会の生徒達が作成しました!
2年報道委員会News
3年報道委員会News

入学式

 4月9日(月)に平成30年度入学式が挙行され、新入生160名(4クラス)が入学しました。
 入学式では、音楽部による校歌紹介も行われました。
 入学後、オリエンテーションをとおして系列の説明が行われ、早期に系列を選択し新しい目標に向かって進んでいきます。系列選択においては先生方に相談しながら、将来設計をしてください。

球技大会

3月22日(木)に球技大会が行われました。
雨天のため、体育館でクラス対抗ドッチボールをしました。
8クラスが総当たりで試合をし、1年2組が優勝しました。


日野高Cafe

2月19日(金)に日野駅で日野高校ビジネス・マルチ系列の2年生の生徒が3年生から引き継いでカフェをオープンさせました。
当日は多くのお客様にご来店いただき大盛況でした。
先日は、絵本を贈呈した幼稚園の園児たちにもお越しいただきました。 開店は月に一度で、次回は3月19日(金)13:45〜開店されます。是非、お越しください。


蒲生氏郷のPR看板

 4月25日(火)に蒲生氏郷のPR看板の作成依頼を受け昨年末から制作を始めていた美術部3年の古谷暢弘さんと中山颯さんに「蒲生氏郷顕彰会」の堀江清一郎会長から感謝状が送られました。
 蒲生氏郷は日野出身の戦国武将です。彼らは若者に地元の偉人を知ってほしいという思いを込めて製作してくれました。
 作品は現在、近江鉄道日野駅近くに飾られています。

歯科検診

 4月18日(火)から歯科検診が行われました。
 虫歯は生活習慣病です。虫歯があった生徒はこの機会に治しましょう
 また、検診では、歯科助手の本校卒業生がテキパキと働く姿を見せてくれました。

日野駅再生プロジェクトへ寄付

日野駅再生プロジェクト事業に、二名の生徒代表(コ田仁・山路侑加)が文化祭バザーの売り上げ金を寄付しました。
今年の文化祭のバザーは、原料のコストを下げ、時間、手間をかけて調理したため売上金を伸ばすことができました。そのお金を3年4クラス全部を合わせたところ、77,000円になりました。
いつも利用させていただいている日野駅に日野駅再生プロジェクト事業が有ることをチラシで知り、是非役立ててもらいたいと思い町長室を訪ねました。コ田君は「部活動で、厳しい練習に疲れた時も駅舎に着くとホッとする」、 山路さんは「駅員さんに顔を覚えてもらっていた。駅員さんと交わした朝の挨拶や風景全てが故郷の景色です」とそれぞれ駅舎への思いを話しました。 町長さんからお礼の言葉を述べていただき、終始笑顔で会談しました。

このページの先頭へ